イベントカレンダー

月間イベントカレンダー

念仏踊り / ねんぶつおどり

  • 念仏踊り_dl
念仏踊り_ds

詳細

開催場所 吉備中央町神瀬
TEL 0866-54-1301(吉備中央町協働推進課)

毎年8月16日、年末(吉備中央町神瀬)の観音様で行われる“念仏おどり”は 数百年の伝統をもち、町重要無形民俗文化財に指定されています。
村中安全、五穀豊穣を願って、念仏、鐘、太鼓、竹のササラのリズムに合わせ、素朴な踊りが夜遅くまで続きます。
かつて、自然中止をしたことがありましたが、その年部落に悪疫が流行、死者を出しました。それ以来この踊りは復興し、現在では念仏踊り保存会も設立されるなど、信仰で強く支えられています。
毎年8月16日になると部落の人々は家を空にして、上田の畦や山裾伝いの道を通って観音堂に集まり、仏に読経をあげます。その後で南無阿弥陀仏と書いた紙笠をかぶり、竹のササラと合せ棒を互いジヤリ、ジヤリと摺り合わせて、調子を合わせることになります。音頭取りが「ただ今唱えまするは、南無阿弥陀仏のお念仏ー」と声あげすると、先達は竹の両端に切紙をつけたさいはらを廻して歩きはじめます。胴丸太鼓の合図が夜の静寂を破り、輪の人々は口々に「南無阿弥陀仏(ナンマイダー)と称え、ササラを摺りながら輪を廻るのです。一遍上人の布教による感化の影響を残し、阿弥陀を念ずることによって、浄土に行けると考えた昔時のひたむきな民衆の願いが感じられる素朴な行事です。

アクセス

車をご利用の方 岡山市内から国道429号・484号90分
駐車場 乗用車10台

マップ

前のページに戻る

イベントカレンダー

  • 1月
  • 2月
  • 3月
  • 4月
  • 5月
  • 6月
  • 7月
  • 8月
  • 9月
  • 10月
  • 11月
  • 12月

バナー

side_banner_kankospot

shokuji

taiken

side_banner_yumechoumin

access

pamphlet

side_banner_contact

吉備中央町観光協会公式facebook

ページの先頭へ