閉館日

土曜、年末年始(12月28日~1月4日)

開館時間

月~金曜 9時00分~16時00分

日曜・祝日 10時00分~15時00分

吉備中央町吉川地区にある天籟庵(てんらいあん)は、同地区出身であり昭和を代表する造園学者である重森三玲が、茶道を極めたいとの想いから、18歳の時に建築した茶室が生家から移築されたものです。

船底天井と言われるアーチ型の天井や、三つの床の間、不規則で幾何学的に組み合わせた障子の貼り方など、随所に重森三玲ならではのこだわりが散りばめられています。
露地は移築時に作られたもので、隣接する「吉川八幡宮」が海の神様を祀られているということもあり、それを連想させるような力強さがあります。

併設された「重森三玲記念館」と合わせて見学してみて下さい。

・・・重森三玲
日本美術学校で日本画を学び、その後造園、庭園学を独学で学び、氏独特のモダンを取り入れた枯山水庭園を各地に残す一方で、日本の伝統美である茶道、華道の奥義を極め、全国各地の古庭園の鑑別保存調査事業も行うなど、日本庭園界に多大なる功績を与えました。

・・・重森三玲記念館
三玲氏が作庭の鑑賞と価値を高めるため結成した「京都林泉協会」(京都市)の協力で「日本庭園史大系」など多数の著作や鹿苑寺金閣をはじめとする著名庭園実測図などを収蔵しています。
氏の残した書画などが多数展示されています。

 

※掲載情報は変更となる場合がございます。
 最新情報・詳細につきましては各スポットまでお問い合わせください。

吉備中央町吉川3930-8