• どこでも

ご予約・お問合せ(吉備中央町協働推進課)

平日:8:30〜17:15

吉備中央町吉川地区出身であり昭和を代表する造園学者である重森三玲の作品です。

「曲嶌庭(きょくとうてい)」と名付けられた小倉邸の庭園は昭和26年に作庭されたものです。
氏と職人がわずか2日間で作ったといわれています。
美しく整えられた庭園には杉苔で囲まれた3つの石組みがあり、書院から見て奥から蓬莱石組【真】、左が方丈石組【行】、その右が瀛洲【草】を表現しています。
里山から聞こえる鳥の声や借景を取り入れ、蓬莱神仙の世界観に「真行草」という日本の美意識を当てはめた新しい表現方法の庭園となっています。

「重森三玲記念館」と合わせて見学してみて下さい。

・・・重森三玲
日本美術学校で日本画を学び、その後造園、庭園学を独学で学び、氏独特のモダンを取り入れた枯山水庭園を各地に残す一方で、日本の伝統美である茶道、華道の奥義を極め、全国各地の古庭園の鑑別保存調査事業も行うなど、日本庭園界に多大なる功績を与えました。

・・・重森三玲記念館
三玲氏が作庭の鑑賞と価値を高めるため結成した「京都林泉協会」(京都市)の協力で「日本庭園史大系」など多数の著作や鹿苑寺金閣をはじめとする著名庭園実測図などを収蔵しています。また、氏の残した書画などが多数展示されています。
重森三玲記念館の横には、三玲氏が18歳の時に取り組んだ処女作は「天籟庵」があります。

※個人宅のため見学は要予約